100回の間違った腕立てよりも10回の質の高い腕立て

筋トレは質

100回の間違った腕立てよりも10回の質の高い腕立ての方が効果的といえるでしょう。

自己流筋トレ

筋トレって奥が深いですよね。それをまざまざと実感させられるのが、自分の体型を確認した時です。どういう事かというとですね、実は私は日課として筋トレを毎日のように行っており、腕立て伏せなら100回、腹筋なら50回程度は難なくこなすことができます。ですが、肝心の筋肉が体に備わっていないのが現状なんです。普通、腕立てって、100回もできるような体力が備わっているならば、ムキムキになっているもんじゃないの?ところが実際は、なんだかひょろひょろとしていて、一体全体、あの腕立てによって、どこに筋肉がついているのでしょうか。

質の高い筋トレを実践する

一方で、私の友人の中に、腕立てを10回できるのがやっと、という奴がいるのですが、その友人はものすごいいい体格をしているんですよね。この差っていったい何なの?体質?遺伝?食生活?おそらくは、一口に筋トレといっても、やり方には千差万別があって、これが筋肉の付き具合にも影響しているのかもしれません。というわけで、最近では自己流の筋トレを停止し、図書館なで借りてきた専門書やネット情報を参考にして、きちんとした筋トレに着手しだしたところです。それらを参考にしていて思うのが、(あくまでも個人的な感想になりますが)100回の間違った腕立てよりも、10回の質の高い腕立てをした方が、もしかすると効果があるのかもしれないという事です。

自信がない方は、トレーニング機器を使って正しい筋肉を鍛える方がよいと思います。最近はダイエットにもトレーニング機械が使われるようですよ。⇒ダイエットにも使われるシックスパッド!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です