頭皮トラブルの原因は乾燥!?洗浄力を弱めたシャンプーで改善

頭皮の乾燥は様々なトラブルの原因に!

悩み

頭皮や地肌の乾燥は、フケやかゆみといったさまざまな頭皮トラブルの原因となります。こうしたトラブルを未然に防ぐためには、なるべく乾燥させないような対策をとることが大切です。

ここでは、頭皮トラブルの原因や解消方法をご紹介していきます。

頭皮は洗いすぎNG

顔に比べて皮脂腺が多く、基本的に乾燥は起こりにくいものですが、特に注意したいのが洗いすぎが原因で乾燥してしまうということ。

  • 1日2回以上洗ったり
  • 洗浄力の強いシャンプーを使用している

このようなことに心当たリのある方は注意が必要です。

特に30代以降の女性は皮脂の分泌量が減るため、20代のときと同じシャンプーでは皮脂を取られすぎる場合があるので要注意です。

頭皮の乾燥による様々なトラブル

頭皮の乾燥は顔や手が乾燥するのと同様に、ある程度までは自然な現象です。

この場合は、軽めの保湿ケアで十分に対策できます。

しかし、以下の様な症状を伴う場合は、より丁寧で早めの対策が必要です。

  • 大量のフケを伴っている
  • ヒリヒリとした痛み・強いかゆみ
  • 頭皮が赤くなっている(炎症・湿疹)
  • 抜け毛が多い・髪質の悪化(パサつき)
    上記のような症状は、地肌がかなり荒れ果てている影響(頭皮環境の乱れ・悪化)で発症しています。

これらの症状は、放っておいて改善する場合もありますが、大抵は症状が長く続いたり、さらに悪化するケースが多くなっています。

紫外線の影響を受けやすくなる

実は、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭皮です。
乾燥による角質のバリア機能が低下すると、より紫外線の影響を受けやすくなります。

また、紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮に与えるダメージも相当なものです。

髪は、赤茶けたりすることで、見た目でもその傷みが確認できますし、パサつく手触りや、乾燥などで、そのSOSを察知することができます。

しかし頭皮は目で見て確認することが難しく、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることで、注意できればまだ救いがありますが、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことに、なかなか気付くことができないのが恐ろしいところです。

赤みやかゆみ

頭皮に赤みがあるのは乾燥の影響で頭皮が炎症を起こしているからかもしれません。
このような頭皮の炎症は、日常生活の中に原因があることが多く、そのほとんどはシャンプーなどによる外的要因が関係しています。

また、頭皮の赤みは「脂漏性皮膚炎」などの皮膚疾患の可能性もあるため、症状が軽いうちから早めにケアをすることが大切です。

脂漏性皮膚炎とは主に皮脂分泌が過剰なところにかゆみや炎症、フケなどを引き起こす皮膚疾患のことで、症状が深刻すると抜け毛を引き起こすこともある厄介なトラブルです。

フケ

フケは、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものです。通常、人間は頭皮だけに限らず、皮膚のある部分は全て、一定の期間で皮膚が生まれ変わるターンオーバー機能が備わっているので、古い角質細胞が剥がれ落ちること自体は、おかしな話ではありません。

しかし、正常にターンオーバーがなされているときに剥がれていく角質細胞は、肉眼ではとらえることができないほど小さなものです。しかし、フケとして目に見えるようになるほど大きな角質細胞が剥がれ落ちているのは、正常なターンオーバーができていない証拠なのです。

洗浄力を弱めたシャンプーで優しく洗髪を心がける

洗浄力の強いシャンプーには一見良いイメージがあるようですが、悪い点が乾燥を引き起こすことです。先ほど話したように界面活性剤の分子量が小さいので頭皮の中にも浸透してしまいます。

その結果頭皮に必要な油分まで引き離してしまうのです。結果的に頭皮は乾燥肌になってしまい頭皮環境が悪くなってしまいます。

そこで見直したいのが、洗浄力を弱めたアミノ酸のシャンプー。

アミノ酸シャンプーだけでも、頭皮や髪の汚れを十分に取り除くことができますし、健康にすることもできるのですが、トリートメントを使用しますと潤いが増してサラサラな髪に導いてくれると言われているのです。

またアミノ酸シャンプーを使用している人には、トリートメントを行っていないという人が多くいると言われていますので、アミノ酸を含んでいるトリートメントを1度使用してみると、驚きと新たな発見があるでしょう。

正しい生活習慣の見直しも

頭皮もお肌の一部なのだということを忘れてはいけません。シミや肌荒れといったトラブルと同じように、頭皮の乾燥も、偏った食生活や不規則な生活が原因で起きる場合があります。

皮膚の潤いを保つ角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、ターンオーバーの過程で生成されます。そのため、ターンオーバーが乱れると頭皮の水分保持力が低下し、乾燥してしまうのです。

ビタミンを摂って皮膚の免疫力を高めたり、睡眠をしっかりとることで細胞の新陳代謝を正常化させることができるため、生活習慣を改善することも頭皮の乾燥対策として大切です。

特産後は頭皮環境が乱れがちです。エンジェルリリアンの育毛剤でしっかりと頭皮環境を守りましょう。