猫のトイレのしつけ方

cat-555784_1280

猫のトイレのしつけは簡単ってよくききますよね。我が家でもこれまで飼った猫達はトイレはスグに覚えてくれてあまり苦労した事はありませんでした。

今 我が家でかっているおうちゃんはけがをして動物病院で保護されたのを譲り受けた猫でした。動物病院ではペットシーツに新聞紙をちぎったトイレで過ごしていたようですが、我が家では猫砂にしてほしくて猫砂を用意して迎えました。
我が家に来てからトイレに行きたそうにしているので連れて行くと猫砂の感触がいやなのかなかなかはいりません・・・
これは根比べかなと様子をみつつ過ごしていましたがやはりトイレに入ってくれる様子もなくこちらが折れることに。
動物病院と同じくペットシーツと新聞紙からスタートしようと気を取り直して用意しました。やっぱりそちらの方がよかったらしくやっとおしっこをしてくれてホッ
と一息つきました。
でも、我が家の目標は猫砂トイレ!ということでここから3ヶ月かけて少しずつ猫砂を加えていき 新聞紙と猫砂の量を逆転しました。

トイレ以外の場所でしてしまうということはない猫だったのでよかったのですが、小さいときについた習慣を直していくのはちょっと大変でした。
いまでは、1歳半をすぎましたが 砂猫のトイレをガシガシ掘ってトイレをしています。
うちは犬も飼っているのですが、そのワンコがみるみるうちに太っていきました。
犬のダイエットってホント難しくてこれからも苦労していきそうです。

大量に吐血?つわりが酷くて心の中でもう殺してと叫ぶ

8fd793a172ea39990e5c1cc62bceb459_s
韓国人の夫との間に2人目を妊娠したとき、上の子が1歳2ヶ月くらいでした。夫の両親は、アパートのすぐ隣の部屋に住んでいて、義母は、義姉夫婦の子どもを見なければならなく、私の吐きづわり時期は、義父と夕食を毎日一緒にしていました。
まだ離乳食完了期で、大人とは同じものが食べられない上の子の食事と、味にうるさく辛いものじゃないといけない義父の食事を作らなければならなかったのです。料理の最中に、何度もトイレに駆け込み、それは地獄そのものでした。ごはんも見るだけで辛く、においも駄目で、義父と一緒にいる時間は、苦痛の何ものでもありませんでした。
その日の夜、つわりだけでもきついのに、精神的にも無理をしていたせいか、吐血をするようになってしまいました。トイレにこもりっぱなしで、吐き続けましたが、完全に血が混じった状態で焦りました。
脱水症状にならないようにと思いましたが、水すら通らず。その日何も食べていないはずなのに、夫が、きっと消化不良だと言い出します。炭酸飲料を飲んでゲップをしたら、良くなるからと、炭酸飲料を買ってきてくれました。
でもそれを飲んで、「もう、いい、殺してー。」と心の中で叫びました。死にそうと思う域ではなかったのです。それもそのはず。次の日、病院を受診したら、胃液を吐きすぎて逆流性食道炎になっていたのです。
もう2度と経験したくない、つわりの経験です。でも、今では笑い話として話せます。

これは効く!陣痛開始から分娩までをスムーズに進める方法

 

ID-10092865

 

出産は人によってかかる時間も流れもそれぞれ違いがありますが、なるべく楽に安産であってほしというのは、すべての妊婦さんにとっての願いではないでしょうか。

陣痛が始まってから分娩に至るまでが最も時間が長く、人によっては丸一日かかる場合もあります。スムーズに子宮口が開いて陣痛に耐える時間を短縮できれば、妊婦さんにとって苦痛や疲労もかなり軽減されると思います。

私も一人目を出産した時、子宮口が開いていくまで、ひたすらベッドで横になり陣痛に耐えていました。ところが10時間ほどたっても、陣痛が5~7分間隔を行ったり来たりでなかなか進まないのです。

その時、助産師さんがカバーのついた電気あんかと大きなクッションを持ってきてくれました。助産師さんのアドバイス通り、電気あんかの上に座り、大きなクッションに抱きつくような体勢で過ごすと、どんどん陣痛間隔が短くなり、陣痛も痛みを増してきたのです。

それから2時間ほどで子宮口が全開大になり分娩へと至りました。

陣痛がだらだらと長く続くのは本当に辛かったので、助産師さんにアドバイスをいただきとても助かりました。

二人目の出産時も電気あんかとクッションを用意していただき、入院してから三時間ほどで無事出産しました。

どんどん陣痛が進んで、痛みが強くなるのは不安かもしれませんが、出産時には通らなければならない道なので、短時間でスムーズに進んだ方がいいですよね。

電気あんかにはカバーをつけて、温度を高く設定しすぎないように使用するなど、くれぐれも熱傷には注意してくださいね。

そうそう出産後には、育児で忙しい時は栄養食品で補助なんかもしてましたね。